[本文はここから]

日本タイトルだけ大賞2010

2010.12.11

12月11日(土)、ニフティ株式会社が運営するお台場・東京カルチャーカルチャーにて出版業界内外で話題の人気イベント「日本タイトルだけ大賞2010」が開催された。昨年度は定員オーバーで外から見ている人まで出たという伝説のイベント、今年の大賞は『スラムダンク孫子』(総合法令出版)に決まった。
このイベント、文字通り、本の中身は関係なく、タイトルだけでいかに手に取らせるかを競うもの。ツイッターの一般投票で事前に100本がノミネートされ、出版関係者やブロガーなどによる最終選考、そしてこの日集まった参加者による投票で大賞が決定した。
今年も選考会のみでなく、「2010年業界振り返りトーク」はもちろん「ヒット作品を生む方程式講座」 など、盛りだくさんの内容で120人ほどの会場は熱気であふれ返っていた。

イベントの実行委員として、山田真哉さん(ミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』著者)、ヨシナガさん(累計1億PVのモンスターサイト「僕の見た秩序。」管理人)、上田渉さん(ブックガイド新刊JP/オーディオブックサイトFeBe運営)、 審査員として、小飼弾さん(書評家、アルファブロガー)、斎藤広達さん(ベストセラーBOOK TV司会・企画)、古瀬絵理さん(フリーアナウンサー)、土井英司さん(出版マーケティングコンサルタント、ビジネス書評家)といった豪華な面々が参加して会場を盛り上げていた。

http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_101008203202_1.htm

 

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

エンターテインメント