[本文はここから]

Appleが10年前にかけていたiPodのDRMで約417億円を巡る訴訟が開始

2014.12.03

Appleが10年前にかけていたiPodのDRMで約417億円を巡る訴訟が開始 以前のiTunes Storeでは全ての曲がデジタル著作権管理(DRM)で保護されており、iPod以外のデバイスで再生できないようになっていました。2014年現在、制限は撤廃され、iTunes Storeの曲はDRMフリーで販売されていますが、DRMによるコピープロテクションによって2006年当時のiPod市場を違法に操作したとして、2006年~2009年にiPodを購入した消費者に与えたとされる3億5000万ドル(約417億3000万円)の被害補償を求める訴訟がフリーソフトウェア財団の訴えによって始まりました。

 

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

エンターテインメント