[本文はここから]

日本郵政、来年度半ば以降にゆうちょ・かんぽと同時上場

2014.12.26

日本郵政、来年度半ば以降にゆうちょ・かんぽと同時上場 [東京 26日 ロイター] - 日本郵政は26日、来年度半ば以降に株式上場すると発表した。政府による日本郵政の株式売り出し・上場に合わせ、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険も同時に上場する。西室泰三社長は、3社を同時に上場させることで、「株式の価値が適正に評価される」としている。発表の主な内容は以下の通り。
━日本郵政、上場の時期は来年度半ば以降
━政府による日本郵政の株式売出・上場に合わせ、ゆうちょ銀・かんぽ生命も同時に上場
━具体的な売却比率は、有価証券届出書の提出時に公表
━金融2社の株式売却、すべての処分を目指す
━金融2社の株式、まず保有割合が50%程度になるまで段階的に売却
━金融2社上場の主幹事、日本郵政の主幹事と同一
━3社同時上場、株式の価値が適正に評価される=西室社長
━現時点で、売出規模を明らかにすることできない=西室社長
━親子3社同時上場、国内で初のスキーム=西室社長
━3社同時上場、一番公平性のある方法=西室社長

鶴田 泰啓

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

マネー&ビジネス