[本文はここから]

橋下氏、「大誤報やられた」とメディア批判

2013.05.18

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は17日、いわゆる従軍慰安婦問題について「当時は必要だった」と発言した問題を報じたメディアに対し、「大誤報をやられた」と批判した。
一連の発言の真意を確認しようとする記者団に、「一言一句、確認しろというなら、(取材対応を)やめます」と対応を打ち切った。今後、立ち止まって質問に答える「ぶら下がり取材」に応じない考えを示した。
橋下氏は今月13日、「銃弾の飛び交う場で命かけて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶる集団をやっぱりどこまで休息じゃないけど、そういうことをさせてあげようと思ったら、慰安婦制度、必要なのは分かる」などと発言。国内外のメディアに広く取り上げられ、「女性を蔑視している」などと批判が相次いでいた。
当時の慰安婦制度を「必要」とした発言部分について、橋下氏は17日、市役所退庁時にぶら下がり取材に応じ、「僕が(慰安婦制度を)必要だと思っているとか、容認しているということではなく、世界各国の軍隊が女性の活用を必要としていた」と釈明。「きちんと英語で伝わらなかったことは僕の表現不足。僕が必要だと思っていたと訳すのはやめてほしい」と述べた。
「必要」という言葉の解釈を巡り、記者団がさらに質問すると、橋下氏は「揚げ足を取るのではなく、文脈でしっかりと判断してほしい。一言一句全部チェックしろというなら、明日から(ぶら下がり取材は)やめましょう」と、質問を遮って立ち去った。18日に予定されていたテレビ出演後のぶら下がり取材を中止にした。

 

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

社会